交通事故の慰謝料の相場は保険によって変わる

交通事故の慰謝料の相場は、加害者が加入している保険によって大きく変わることがあるため注意をしなくてはいけません。

 

一般的に、交通事故によって精神的な損害を背負ったときにはその賠償を請求させるために慰謝料という民事上の権利を行使することが出来ます。本来、慰謝料請求権は被害を加えた加害者本人に対して請求することになるのですが、交通事故の慰謝料請求の現場では少し特殊性があることを知っておかなくてはいけません。何故かというと、権利を行使する対象が加害者本人ではなく保険会社の人間になるからです。

 

これには、法律上の理由が関連していることが多いです。一般的に、交通事故によって生じる損害と言うのは一般的な個人では賠償額を支払うことが出来ないほどの高額なものになることが多いです。例えば、事故によって相手に対して後遺症が残ってしまうレベルで怪我をさせてしまったときには、数千万円から数億円というお金を相手に対して支払わなくてはいけません。自動車同士の事故であるのならば過失割合によって多少金額を下げることも出来ますが、仮に被害者が歩行者であるのならば一生をかけて賠償をしなくてはいけない事態にもなります。そのため、日本国内で自動車を購入するときには法律的な義務として保険に加入することを義務付けているのです。こうした強制的な加入が必要な保険のことを自賠責保険と言い、まずはこの保険の適用があるのかを判断しなくてはいけません。これが慰謝料の相場の基準として考えられます。

 

そして、この自賠責保険を使っても相手に対して慰謝料を支払うことが出来ないようなときには各々が加入している民間の保険会社に頼らなくてはいけないのです。民間の保険会社の相場の基準と言うのはかなり厳しく、被害者の方も専門の弁護士を利用して対抗しなくてはいけません。示談金によって相場が異なることがあるので、正しい慰謝料を請求するためにはこうした事情をきちんと知っておくことが大切なのです。

交通事故の慰謝料の相場を知って適切に保障してもらう

交通事故に巻き込まれた場合、慰謝料を請求することができますが相場を知っておかないと正しく請求ができないものです。

 

交通事故に巻き込まれたとはいえ、無制限に請求していいわけではありません。
相場は、怪我の程度や後遺症などによって異なるので一概にはいえませんが、百万円前後になることが多いといえます。

 

交通事故の慰謝料と請求できるものは、治療費や入院費、精神的苦痛、後遺症などがあります。これらを総合して計算して慰謝料の金額を決定します。
状況によりますが、示談による解決手段をとってくる場合もあるので正しく請求するならば弁護士に依頼して判断してもらうとよいです。

 

ただし、勘違いしてはいけないことは弁護士任せにしないことです。被害者が積極的に動かないと弁護士も動きにくくなってしまいます。可能な限り必要なものを提供していくことです。
慰謝料の金額に納得できない場合、裁判を起こすことになりますが長期化することも視野に入れておくとよいです。また弁護士を用意することにより、裁判所基準の慰謝料を請求することが可能になりますが正当な理由を必要とするので弁護士ときちんと相談しておく必要があります。
裁判所基準のものは相場をみても高額になっていることが多いので、慰謝料に不満があるならば交通事故に詳しい弁護士を雇うとよいといえます。

 

裁判所基準を使わない場合、任意保険によるものか自賠責保険による基準になります。自賠責保険基準ならば、百二十万円までになっているのでさらに請求するのであれば任意保険基準に変わります。
保険会社によって、保障内容が異なりますが入院を基準にしていることが多いので入院期間が長いなどであれば任意保険基準で慰謝料を考慮しておくとよいです。
請求の仕方によっても、慰謝料は変わってきます。交通事故に巻き込まれないことが一番いいことですが、いざという時に困らないためにも弁護士など知っておくべき情報を集めておくとよいです。

 

交通事故の慰謝料・過失割合・後遺症等級

交通事故の相談は弁護士が適任

誰でも交通事故に遭うとは思って生活していません。ですから、交通事故に関する法律的なこと、手続きについて詳しく知っている方は稀です。そんな状態で交通事故に遭ってしまうと、自分で何をすればいいのか、正しい方法なのかがわからずに、言われるがままになってしまう方も多いです。特に示談金では、計算の仕方も複雑です。治療日数や症状の深刻度合いによって計算が異なります。当然、金額も違ってきます。それを知らないで、こんなものかと妥協してしまうと、自分の怪我や損失を正しく評価されないことになり、損をしてしまうことになります。そこで、専門家の知識やアドバイスが重要になってきます。その適役が弁護士です。弁護士は交通事故に関する法律やルールを熟知しています。ですから、加害者側の言い分や提示してきている示談金が妥当なものかを判断できます。多くの場合は、加害者側は賠償金を低く見積もってきますので、十分な正当な示談金ではないことが多いです。しかし、当事者は慣れていないために、反論できなかったり、裁判をする方法がわかりません。ですが、弁護士に相談すれば、どこが正しくないのか、低く見積もられているのか、抜けている部分がないのかが分かります。また、相談することで専門家のバックアップを受けることができるので、相手も素人ではなく弁護士という本気である事を認識させることにもなります。もちろん、相談だけではなく、交渉自体を依頼することも出来ます。お願いすると今まで自分が行っていた交渉も代行してくれます。専門的な交渉になれば、法律的に根拠のある弁護士の方が強いですから、相手も妥協点を探して示談金をアップしてきます。自分だけで抱え込まずに、交通事故の相談は専門家の弁護士に見てもらい、指摘をしてもらう方が安心ですし確実です。途中からでも相談はできますので、自分では無理だと思ってからでも遅くはありません。正当な賠償をしてもらいましょう。

弁護士費用特約を活用すれば交通事故も持ち出し金の軽減になる

だれもがいつ、どこであうかわからないのが交通事故です。交通事故に遭ってしまったり、起こしてしまうと今までの生活が一変してしまいます。しかし、気を付けていても、巻き添えになったり、悪質なドライバーや急な飛び出しなどもありますので、完全には防ぐことができません。交通事故に遭わないことが一番ですが、万が一のことも考えておく必要が誰にでもあります。交通事故に遭遇してしまうと、物損や人身事故でも補償のためにお金がかかります。特に人身事故ですと治療費はもちろん、休業補償、慰謝料、後遺症が残ればその慰謝料や補償など、予想外に多くのお金がかかります。示談をする場合も裁判にする場合も、素人では証拠集めや根拠を示すのは難しいですし、時間と手間がかかります。体調が悪い中、交渉するのは負担が大きいです。事故を起こしてしまった場合も、過失割合などで賠償金は大きく異なってきますので、自分の正当性をきちんと主張して認めてもらう必要があります。そんな時に頼りになるのが弁護士です。専門的な知識を持っているので、手続きや交渉をスムーズに代行してくれます。しかし、弁護士費用が心もとない方も多いでしょう。そんな時に弁護士費用特約と利用すると、自分の負担が少なく弁護士を依頼することができます。弁護士費用特約なら、弁護士費用を保険から出すことができます。ですから、自分の負担が少なくて済むか、もしくはまったく負担なしで済みます。車両保険の多くに弁護士費用特約のオプションがあります。これを付けておくと、交通事故の時に弁護士費用で悩むことがありません。通常、弁護士をお願いすると最初に手付金が必要な場合が多いですが、特約があれば相殺してくれる弁護士も多く、始めにお金の準備をしなくても頼めるので利用しやすくなります。もちろん、弁護士費用全部を特約で賄える時は、まったく自分の手元からお金を出すことがないので、負担がない状態で利用することも可能です。まずは特約がないか確認することが大切です。

更新履歴