交通事故の示談金の計算方法を理解しておこう

交通事故の示談金の計算方法は、交通事故に伴う慰謝料の計算に比例します。基本的に、交通事故によって支払う慰謝料の金額が大きくなればなるほど示談金の金額も高くなる傾向にあるため、仮に交通事故の慰謝料の請求金額として比較して示談金の計算が低く見積もられていた場合には、そのような交渉は拒否して徹底的に金額が上がるようにしなくてはいけません。

 

では、具体的に交通事故の慰謝料と言うのはどのような要素を含めて計算すれば良いのでしょうか。簡単な基準としては、過去に実際にあった事故の事例を確認することが大切です。確かに、慰謝料請求の現場ではケガの程度や事故の状況によって大きく金額が異なることがありますが、そうした状況と過去に似たような状況が事故としてあったのならばその事故が慰謝料の基準として考えられることになります。これは、交通事故に関連する慰謝料の考え方だけではなく全ての民事的な案件に共通している考え方なので知っておいて損はありません。

 

なぜこのような考え方で示談金を計算が出来るのかというと、裁判所の裁判官や示談交渉に参加する保険会社の人間と言うのは実際に過去にあった事故の事例を参考に慰謝料を計算しているからです。基本的に、司法の現場では過去に出た判例から大きく逸脱しないような決断をする事が主流になっています。例えば、過去の事例と比較して現在の事故がそのときと全く同じような状況になったときに過去の判例では1000万円の慰謝料を請求できたのに、今回は500万円しか慰謝料を請求できなかったとするのならばこれほど不公平なことはありません。こうした判決の理不尽さが生じないように、司法では過去の判例を参考に現在の相場を計算することが多いのです。実際に、保険会社の人間は過去の相場と比較して相場を出したという主張を必ずしてくるので聞き逃さないようにしなくてはいけません。

 

交通事故の示談金の場合も例外ではなく、必ずこのような方法で計算してくるので過去の本当の相場を知ることは交渉の際に大きな武器になります。