交通事故被害者が満足できる補償を受けるために弁護士を

交通事故は車対車でどちらにも一定の落ち度がある場合には、双方の保険会社が交渉にあたります。しかし全く自分が悪くなかったり、生身であった場合、自転車など圧倒的な弱者の立場であった場合、自分が加入している保険会社は代理権も相手との交渉権もありません。被害者本人が直接相手の保険会社と交渉しなければならないのです。もし大きな事故であれば、自賠責保険の範囲を大きく超えることもあります。となれば保険会社は自社の保険の範囲にまで食い込んでくる保障額を、いかに小さくするかに終始しなければなりません。相手の保険会社は、全ての加入者の不利益にならないように勤めることが仕事です。正当以上の保険金額を相手に渡せば、大きな意味で加入者の利益にそむくことになります。何とか出てゆくお金を抑えるように努めます。これがこの仕事に携わる者の本能です。時としてそれが行き過ぎてしまうこともありますし、被害者が納得できなくても押し負けすればそれが正当な額になってしまいます。それだけ交通事故に関して自動車保険会社は交渉術に長けていますし、知識も豊富です。もし少々通らないような話をしたとしても、一般人は判断がつかないということも、相手は知っています。これに対抗できるのは、弁護士しかいないといっても過言ではないでしょう。近頃では交通事故の際に弁護士費用を全額出すという特約が付帯されている者も増えています。これは訴訟となった際に備えているということでもありますが、自分たちが「一方的被害者となっている加入者」を守るためにどうすればいいかということで開発された特約でもあります。交通事故に専門性が高い弁護士に代理人となってもらうことで、満足できる結果が得られやすくなります。弁護士は中立の立場ではありません。依頼人の利益のためのみに動く大きな味方です。それによって絶対的な被害者でありながら、自分で対応しなければならないことで理不尽な結果になりがちな立場の人が救われることになります。