交通事故で後遺障害の認定を受けたら保険会社と交渉をする

交通事故の被害に遭った場合には、加害者に損害賠償を請求することができます。
また後遺障害が残った場合には、障害等級が残った場合にはその認定を受ければ傷害部分による治療費等の請求とは別に損害賠償を請求することができます。
傷害部分と後遺障害部分の損害賠償は別物として考えた方が良いです。
傷害部分の治療等は症状が固定する前のことを言います。
そして症状が固定して治る見込みがない場合には、その部分は後遺障害部分となります。
傷害部分の場合には治療費や入院費、休業損害が発生します。
それにかかった費用は勿論加害者に請求することができます。
問題は後遺障害部分についての損害賠償ですが、後遺障害については認定されれば損害賠償を請求することができます。
この障害等級は1級から14級まであります。
認定された等級によって受け取れる損害賠償の額も変わってきますが、その額がはっきりと決まっている分けではないのです。
その額は、被害者と保険会社との交渉によって決まることになります。
交通事故の被害者になって一番嫌なことは勿論怪我をすることですが、この保険会社との交渉もとても憂鬱になります。
保険会社は交渉のプロなので、出来るだけ安い賠償額にするためにあの手この手で交通事故の被害者を翻弄してきます。
交渉の素人である被害者はつい保険会社の話しに乗せられて、上手く示談に持って行かれることも多々あります。
しかし実際はもっと賠償金を取れたというケースが沢山あるのです。
後で後悔しない為にも保険会社とはしっかりと交渉をする必要がありますが、法律を良く知らないと互角に渡り合うことは困難です。

そこでこのような場合には、弁護士に相談をするのが良いです。
弁護士の中には後遺障害についてのプロが沢山います。
ですから保険会社と上手く交渉することが出来ないと思ったら、後遺障害に詳しい弁護士に相談をするのが良いです。
また弁護士に一任をすれば弁護士が被害者に代わって保険会社と交渉をしてくれますので、全てを弁護士に任せてしまうのも良いと思います。