自動車の不慮の事故に備える保険には自賠責保険と任意保険があります。

任意保険は任意ですから、いわゆる自分で加入未加入を選べます。加入していなかったとしても、法的に罰せられることはありません。しかし自賠責に関しては別名「強制保険」と呼ばれるように、自動車を所有している人はすべて自動車に掛けていなければ、その自動車を使用することができません。未加入の自動車を公道で使用すれば、それだけで無保険者として所有者も運転者も罰せられます。この保険は日本が車社会に突入したことで発生した交通事故の問題を受けて生まれました。公道は不特定多数の人が安全に使用されるべきものです。交通事故の被害者は、等しく救済されなければなりません。そういった背景があり、前者の加入が義務付けられました。時代とともに変化しましたが、今は1交通事故1名に対し脂肪では3千万円、障害では120万円、後遺障害について障害度合いに応じて75万円から4千万円を上限に賠償されます。要するに自分が被害者側の救済の意味合いが強いものです。複数回事故を起こしたとしても、その都度支払いを受けることができます。相手方に過大な過失がある場合には減額されます。また交通事故の場合には加害者であり被害者であるということもあるのですが、その時にも加害者の立場として自分の自賠責保険から相手に支払われ、被害者の立場としては相手の字在籍おけんから支払いを受けるということになります。もし未加入車から被害を受けた場合には、加害者が未加入であっても被害者側には支払われます。これがモータリゼーションを奨励してきた国の勤めであるのです。しかし人の命に対する評価額が上がり、この自賠責保険がカバーする範囲は不十分になってきました。最低限のものです。その部分を充実させるためには、任意保険の必要性が生まれました。とはいえ道を使用しているだけでも交通事故の危険にさらされているのですから、最低限の保障があることはありがたいことです。